Top page Member site Facebook Contact
官と民の壁、職種の壁、年齢の壁・・・
私たちの身の回りにある様々な目に見えない「壁」をCross-overし、
多様な「人財たち」がより良い社会の実現に向けて協働するきっかけを創り出す触媒、
それが官民協働ネットワーク Crossoverです。
     






- Crossoverのビジョンやスタッフの在り方を理解・共感していただいた上で、Crossover主催の「異業種ディスカッション大会/ワークショップ」に一度でも参加された方であれば、どなたでもCrossoverのスタッフとして仲間に加わっていただきたいと思っています。

年齢、職業、性別、国籍は問いません。学生さんも大歓迎です! 自ら創造し、動き、チャレンジし、新たな気付きと学び、そして社会を変えるための一歩を、私たちと一緒に掴んでいきませんか?

是非、スタッフまで御連絡下さい!

[連絡先] http://crossover21.net/mail/




- Crossoverは、中央省庁のセクショナリズム(縦割り)の問題を解決したい、という強い想いを持って2001年に財務省と内閣府に入省した池田洋一郎(現代表)、佐藤正弘の2名が発起人となり2002年4月に立ち上げました。

- Crossoverの活動を創り上げてきたスタッフの顔ぶれは、立上げ当初は中央省庁の若手職員が中心でしたが、10年以上の活動を経て多様化し、約20名の現スタッフは中央省庁職員約3割、会社員、NPO職員、団体職員などが約7割という構成となっています。

- スタッフは、ミーティングやスタッフ専用メーリングリストを通じて、Crossoverのメイン・イベントである「異業種ディスカッション大会」の企画などに取り組んでいます。

- Crossoverのイベントに参加し、
「面白い!ただ、参加するだけでは物足りない。今度は、自分がこのイベントを作る側に回りたい!」と思った方は、是非、スタッフまでご連絡下さい!




Crossover 代表 池田 洋一郎

財務省

僕自身にとってCrossoverとは、第一に「気付き」を与えてくれる場です。
目の前の仕事に没頭する日々。ふと気付くと、新聞もきまった欄しか読まなくなっている、仕事で関る人以外とは殆ど話していない自分がいる。
目の前の仕事は大切だ。でも、その仕事がまるで世の中の全てのような視野狭窄に陥ってはいないか。社会は、世の中は、もっと広くて複雑なはずなのに・・・そんな日常から「Crossoverという非日常」に一歩を踏み出せば、●○課、△株式会社、○■省・・・そんな名前の「洞窟」に居たのでは気付かない新しいテーマや課題、今までの自分には無かった物事の見方や考え方が見えてくる。
また、「非日常」は「日常」に新しい光を照らしてくれる。自分が日々取り組んでいる仕事が社会に対して持つ意義を再定義する機会、日々の仕事に取り組む上での喜びと反省の機会を与えてくれる。
Crossoverはそんな「気付き」の宝庫です。

以下、代表挨拶をご覧下さい。



Crossover 副代表 田中 宗介

経済産業省

自分とは異なる考えの人と出会い、自分の考えがナゼそこに至ったのかを考え直す。
自分とは全く異なる過去を経験し、未来を見据えている人と利害関係なしに本気で議論できる。または、そういった人たちの前で自分の思い、考えを試すことができる。
決して、一人では出会えない、一人では作り上げられない、貴重な機会が自然に生まれる、そんな夢のような舞台が、Crossoverだと思います。
これからも、もっともっと、多様な考え方、生き方に出会えることを楽しみにしています。



Crossover 副代表 大谷 竜

産業技術総合研究所

Crossoverは,社会を共により良くしていこうと活動している多様な人財達が集い、フラットな立場で語ることを通じて参加者それぞれの内面に生まれる、新しい「気付き」を大切にしています。
そうしたCrossoverならではの刺激と可能性に満ちた場を、スタッフとして一緒に作っていきませんか。



Crossover 事務局長 東 慶一

メーカー

Crossoverは「きっかけの場」だと思っています。
私はCrossoverのイベントに参加をしたことで、多くの方と出会い、多くの考え方・価値観を知りました。
その中で、自分自身が今後どのように生きていくべきかを考え、様々な行動を起こしてきました。
Crossoverには、人の考え方・価値観、そして行動を変えるような魅力的な方々が多く参加してくださいます。
これからも多くの方々に参加をしていただき、お互いに高めあえるようなコミュニティーを築いていきたいと思っております

Page top


植木 武志

商社

Crossoverは「場」であると考えています。初めて参加した際、官僚から主婦まで、業種は違えど、熱い想いを持った方々に出会い、強い衝撃を受けました。
それは今まで自分が持ち得なかった視点からの考察や、自分より遥かに深いレベルの問題意識を持った方々に触れたからです。
そういった衝撃、すなわち本来出会うはずのない人々が出会い、想いを語り合い、新たなものを生み出していく、そんな1+1>2の社会を作っていくお手伝いがしたいと願い、より良い「場」を創るべく、スタッフとして参加しています。



石山 喜章(よっしー)

株式会社CCO 代表取締役

潜在意識(認識)の変化を通した人材育成をしているので、多様な観点を融合し、次元上昇させる場づくりを目指しています。



上村 一郎

陸上自衛隊出身PRマン

23歳で入学した大学にて、Crossoverの張り紙を見かける。面白そうだから一人で参加申し込みをする。行ってみたら参加者の多様ぶりにビビる。気づいたら4年連続でイベントに参加。目が覚めたらいつの間にかスタッフに。要は一歩踏み出す勇気とノリ。
- 座右の銘:恥ずかしがることが一番恥ずかしいことだ!!



岡部 知行

精密機器メーカー勤務

池田さんのパッションに導かれ、Crossoverに参加しました。今まではCrossoverする機会を頂いていましたが、これからはCrossoverする場を皆さんとの協働を通じて作っていきたいと思います。



折笠 明慶

E.V.O JAPAN CLO

Crossoverは第2回から何度も参加し、色々な出会いや気付きを与えてもらいました。Crossoverは2016年に15年目を迎えましたが、これからも20年、30年と続く会になってもらいたいと思っています。

Page top


工藤 大輝

外資系コンサルティングファーム

"Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country."
この言葉に出合ってから、この言葉を自分のプリンシパルとしてきました。日常業務に追われる中で、この言葉を反芻し、実感できる場がCrossoverです!



川合 淳一

株式会社ブレンドシステムズ 代表取締役 合同会社ドリームオン 代表社員

「人とシステムをブレンドする」ために、あらゆる立場の壁を乗り越えるクロスオーバーする場づくりに関わっています。取り扱う社会課題はどれも大きな問題ですが、普段は出会うことがない人たちが集い、議論することができるチャンスにもなります!



川島 悟一

持続可能な社会プロデューサー

人類がいつまでも地球環境から様々なサービスを享受できる社会つまり「持続可能な社会」づくりをライフワークに荏原製作所⇒博報堂⇒環境コンサルのフリーランス⇒消費者庁と渡り歩いて、ひとり官民交流していまーす(^_^)v



川田 慎也

防衛省

Crossover設立当初からメンバーとして関わっています。第二次世界大戦後、一貫して人口増加・経済成長という山を駆け上ってきた日本は、この21世紀において、少子高齢化及び、グローバル化の下で経済的地位の相対的縮小と低成長を余儀なくされます。
しかし、未来を徒に悲観するのではなく、危機をチャンスに変え、日本という国がグローバル社会の中でも活力を維持するためには、この国で所属するセクターや年齢の差異を乗り越え、共に新しい社会を構築することに鍵があるものと信じています。
Crossoverは、今後の日本の在り方について熱い志を持った人々が集う「知の共同体」であり、これからも熱いハートを持った皆さんと一緒に活動できることを楽しみにしています」



金 桂紅

コンサルティングファーム

Crossoverは『国境』の壁も乗り越え、外国籍の私も池田さんにスタッフとして声を掛けられ、一般参加者からスタッフ側に転身しました。どの立場であっても、日本への熱い気持ちを持って開催されるイベントからは、いつもたくさんの気づきと大きな刺激を受け、自分の成長と前向きさを感じています。
今後も引き続き、参加者に満足とサプライズを与えられるようなイベントを開催出来るように努力し、参加者の皆様と一緒に成長し、一緒により良い社会にして行くことが出来ればと思います。
向上心のある方、問題意識がある方、社会への貢献を考える方は、是非お集まりください。皆で熱い時間、空間、議論をEnjoyしましょう!



久保田 崇

内閣府(現:陸前高田市副市長)

縦割り意識を打破して政策立案をしたいと公務員になりました。公務員の狭い世界に閉じこもっていては視野が狭くなると考え、Crossoverに関わるようになりました。
他にも、新しい霞ヶ関を創る若手の会(プロジェクトK)に参加しているほか、政府職員とNPO職員との勉強会「GNサロン」にも携わっています。
そこで様々なバックグラウンドの優秀で魅力的な人財に出会ったことが活動を続けていくモチベーションになっています。
私は、公務員はこのままではいけないと危機意識を持っています。専門性を高めることと、経営のセンスやわかりやすく伝えるという技術を高めて外でも通用する人材を目指しています。
現状に危機意識を持っている方、日本を元気にしたいと思っている方、ぜひ一緒に活動していきましょう。


 
國本 博司

アルカディア行政書士事務所 所長兼下っ端w

Crossoverに参加すると世界が拡がります。まず、話してみませんか?個人のお悩みは当事務所で(笑)、社会の問題についてはCrossoverで。いずれも、お待ちしています

Page top


斎川 貴代

ITベンチャー企業

日本は破綻する・・・そんな危機感を感じていた時にCrossoverに出会い、「まさにこれだ」と思い、スタッフとして参加させて頂くことになりました。
自分一人では社会は変えられないけれど、その想いをもった人の輪が広がっていけば世の中は必ず変わると思います。
皆さん、一緒に世界を変えていきましょう。



桜井 順

会計検査院

普段の仕事は国家公務員(会計検査院勤務)です。Crossoverでは、主に会計・ロジ周りのお手伝いをさせてもらっています。
様々なバックグラウンドを持っている人が100名以上集まるディスカッション大会の熱気に当てられて、もう7年ほどスタッフを続けています。
参加者のみなさんと楽しい時間を過ごせるよう、これからもスタッフとして頑張っていきたいと思っています。



佐々木 玄

日本ロマンチスト協会 ロマンス宣教師

集まる皆様が様々なバックボーンや視点から、駆け引きや処世術なしで真っ直ぐ考え、双方向的・相互的なコミュニケーションを行う事で、新たな視点や力・芽が出るところ。Crossoverはそんな土台となる場だと思います。
パッションが組み合わさり、ポジティブなモチベーションの好循環と連鎖が生まれることで、自分だけではなく社会全体の幸福度を増やせること(=ロマンチストになれること)を楽しみにしています。



佐藤 正弘

InterGreen 代表

地球環境問題や貧困問題に象徴されるように、地球規模の課題と我々の日々の暮らしとの繋がりは、近年かつてないほど増大しています。地球上の生命や子供たちの未来が、今を生きる我々の一挙手一投足にかかっていることが、あらゆる局面で実感される時代に私たちは生きています。
社会変革の大きな鍵を握っているのは、他ならぬ、私たち一人ひとりです。個人として、あるいは組織の一員としての、私たちの発想力や想像力、アクション、エネルギー、熱意、責任感、使命感こそが、企業を変え、政府を変え、そして社会を変えていくのです。
政府の政策立案から日々の暮らしの実践にいたるまで・・・社会の誰もが、当事者として社会変革のプロセスに参加し、喜びや達成感、苦悩や負担を分かち合う、そんなダイナミックな協働の場こそが、私たち若手官僚が目指す「政策市場」の姿です。
「官民協働ネットワークCrossover」は、「政策市場」を実現したいという、私たちの願いの結晶であり、同時に皆さんへの問いかけでもあります。
皆様のご参加をお待ちしております!

InterGreen HP





同人誌作家(理系)

壁は世界のあちこちにある。
しかもだいたいは見えない。
見えない壁に阻まれて進まない人がたくさんいる。
きっと僕もそうだ。
壁を超える一歩は議論をすることだ。
議論は勝ち負けじゃない。
壁の向こうを打ち負かすんじゃない。
壁を見えるようにして、ドアを付けることだ。
議論をしよう。
自由に息をできる世界が少し広がるはずだ。
息ができれば、きっとみんな幸せになる。



砂田 薫

一般社団法人 日本ギャップイヤー推進機構協会代表理事/お茶の水女子大学特任准教授

ソーシャル・イノベーションの研究と実務が関心領域で、crossoverのメンバーとなりました。日本という”チーム”はこれからプレーヤーがますます減り、高齢が加速するので、ひとり何役が必要で、ひとり”産官学民”を目指す教育や価値観の共有が必要と考えています

Page top


田中 健一

医療関係

Crossoverにいると、異なった意見が重視される団体であるとわかります。
多数ある選択肢をすり合わせ、結論を導くプロセスを大切にし、医療や教育面へのメッセージを発信していきたいです。
北京での医療顧問の他、フィリピン、マレーシア、ドイツにて巡回診察を行っています。



田中 麻依子

メーカー

元々は「官民協働」という言葉にも疎い私でしたが、ご縁がありスタッフとして参加しています。
そして、スタッフミーティングやディスカッション大会で様々な方と意見を交わすことで視野を広げることができました。
今後は、Crossoverで得たものを自分のフィールド(アフリカへのビジネス)にも活かし、「官民協働」の一助になるような活動ができればと考えております。



田中 里沙

総務省

「毎日世の中に付加価値を。そして日本を元気に盛り上げたい。」
理想としてそんなことを思っていたとき、Crossoverのイベントに参加してみました。様々なバックグラウンドの方と意見を交し、様々な考え方に出会い、新しい気づきを得て自分の考えが広がりました。
人と人との出会いによる新たな気づきを得て、また明日から世の中に付加価値を生み出せたらいいなぁと思います。
ぜひ、一緒に日本を元気にしませんか!Crossoverであらゆる考え方に出会ってみませんか!



中野 和美

金融

官僚の新人歓迎会で民間のゲストを呼ぶことになったので来て欲しい、と誘われ参加したのが2002年、それからいろいろな変遷を経て本当の意味で様々な「人財」が集える場所になってきたことを嬉しく思います。
Crossoverを通じての出会いは私にとって財産になっています。この会が皆様にとってもいいキッカケになるといいですね☆



新関 康平(きーぜにー)

政府系金融機関勤務

私は、あらゆる視点と価値観を描く道具とする流離いの芸術家(ファシリテーター)である。
私にとってcrossoverは、カオスなアメーバ達が蠢いており、「気付き」による爆発的な化学反応が常に起こる場である。



二宮 聖也

農林水産省

Crossoverは社会へ問題意識を持つ人が、官と民、国籍、年齢問わず集まり、より良い未来について議論する場です。Crossoverというプラットフォームを通じて得られる「気づき」や「出会い」が、一人一人の日々の生活やキャリアにおける前向きなアクションに繋がっています。Crossoverは、一人一人が積極的にアウトプットを行うことで、新たな気づきと人のつながりというCapitalを生み出し、アクションを促すためのCatalystです。何か問題意識を抱えていて行動に移したいけど、どうしたらいいかわからない、周りに共有できる人がいない方、是非参加してみてください!



能勢 雅樹

国税庁

一歩下がって見てみると、あるいは過去を振り返って見てみると、実に単純明解なことでも現在進行形の時は意外と見えないことがある。
元々、歴史を勉強したいと思いながらも理科系に進み、そして意図せず行政の世界へ。複雑に見える世の中も、一つ一つの事象を紐解いてみると割りと簡単なこともある。
ヒト一人が知りうる情報、成しうる仕事は有限だけれども、皆で力を合わせればできることはたくさんあると思う。
より多くのプレーヤーがお互いにサラで議論し、「気付き」を得て、ベストな行動をしていけば、世の中はどんどん良くなっていくのではないか?
約十年前、そんな「想い」を抱いて行政の世界に飛び込みました。
器量の乏しい私には組織を創る能力はなかったけれど、志を共有できる池田、佐藤、他、素晴らしい同期や仲間たちに恵まれ、ここまでやってきました。
世界の中で小さな個人、小さな団体のやれることは限られているかもしれない。世界史の中で自分の存在に意味はないかもしれないけれど、日本に住む人たちが日本に居て良かったと思えるような社会の構築に僅かでも貢献したい。
そんな「場」を作り上げていくためにも今後もCrossoverの活動を盛り上げていきたいと思っています。

Page top


橋本 直樹

経済産業省

日々の仕事の中で、純粋に考えていることを自由に議論できる場って実は少ないん
じゃないか。自由に議論をできないと、私の脳はどんどん凝り固まって世に言う「世間知らずな役人」となってしまうのではないか。
私がCrossoverに参加したのは、そんな危機意識からでした。
日々仕事で行う議論は、前例、上司の意見、技術的なこと、報道等、多かれ少なかれどうしてもバイアスがかかってしまいます。確かに、このように色んな人の意見や経緯を踏まえ議論することは、物事を決める上で必要なこと。一方で、自分自身は日本・世界の諸課題についてどう考えるのかを見失ってしまうように思います。
Crossoverには、様々な職業の方、様々な考えの方が一同に介し、自由に議論が行われています。そんな多様で自由な場での議論によって、私は自分独自の意見を取り戻しています。
国会、テレビ、インターネットでは、こんな意見がでているけれども、ちょっと違うんじゃないだろうか。もしかして自分の意見がおかしいのだろうか。そんな風に考えている方は是非一度Crossoverに参加されてはいかがでしょうか。自分が社会に対してどんな意見を持っているのか、それを「再発見」することができるかもしれません。



服部 真子(ちょり)

NHK World (株 グローバル・メディア・リレーションズ)

「私とあなたは全然違う。でもそれって最高だよね^^」を合言葉に生きています。まさにこれはクロスオーバーの目指すところ。Let's crossover!



ヒゲ加藤

研究所勤務

Crossoverは、世代と業種を超えた社会との接点です。
熱い志を持った様々な仲間たちと10年20年とクロスオーバーする中で、私たちの日本をより良くするきっかけをつくっていきたいです。
自分が50歳になったとき、Crossoverとその仲間たちでどんな活動をしているのか? すっごくわくわくします。



福嶋 慶三

環境省

どうすれば、みんなが暮らしやすい社会を築いていくことができるのでしょうか。誰か偉い政治家や官僚の人たちが作ってくれるのでしょうか?そうではないはずです。
誰か他人まかせにするのではなくて、僕たちみんなが参加して、協働して、官や民といった壁を越えて、一緒によりよい社会を、未来を作っていきませんか?
Crossoverは、そのための一つのきっかけを提供できる場です!
Welcome to the Crossover!!

Page top

 
松本 宏太

内閣府

官だけや民だけでは成し遂げることができなかった施策であっても、政策市場において官と民が協働し、また時には競い合うことで、ついには壁を乗り越えて実現に至るというものがあるのではないでしょうか。
もし当ネットワークが皆さんの架け橋となり、より良い施策を生み出すきっかけとなれたならば嬉しい限りです。
どんどんクロスオーバーしていきましょう!



宮野

エネルギー会社勤務

“On ne voit bien qu'avec le coeur, L'essentiel est invisible pour les yeux.”
 こんな気持ちを持ってcrossoverに参加しています。よろしくお願いします。


Page top


Copyrights © Crossover Network All Rights Reserved,