Crossover イベント開催案内 4月22日(土)午後開催

満員御礼!
80名の定員を上回る約100名の方々から申込みを頂きましたので、
当イベントの申込み受付は締め切りました。

 


Crossover主催 教育ダイアログ

みんなで語ろう これからを「生きる力」

– こどもを取り巻く環境から公教育の役割を考える –

 

イベント開催趣旨&主催者メッセージ


 

大学入試改革、新学習指導要領など、日本の教育現場が大きく変わりつつあります。
一体なぜ、「いま」こうした変革が求められるのでしょうか。そして、こどもたちはどのような「まなび」を今後手に入れることができるのでしょうか。

いま、こどもたちを取り巻く社会環境は、こどもにやさしいとは決していえません。連日報道される「相対的貧困」「教育格差」「いじめ」「不登校」「虐待」といった社会問題は、こどもたちに多大な影響を与えています。

こうした厳しい社会環境の中で、こどもたちが多くの時間を費やす小学校・中学校などの「学校」は、どのような役割を果たすべきか。本ダイアログでは、こどもたちを取り巻く環境を整理しつつ、すべてのこどもたちがこれからの社会を「生きる力」を高めていくうえでの公教育の役割について、みんなで考えます。

こどもたちの未来は、同じ社会で共に生きるすべてのおとなたちがつくります。
「教育ダイアログ」に参加して、様々な立場の方から幅広い意見や体験をもとに、みんなでこれからの社会をこどもたちが生きて働く力とは何か、一緒に考えてみませんか? 「こどもの未来」を考えることは、私たち「おとなの未来」を考えることにほかなりません。

(Crossoverスタッフ 教育イベント企画リーダー:丸山剛、識名由佳)


 

こんな方にお勧めのイベントです〟

*日本の教育の現状について知りたい
*日本の現状の教育政策や方向性について話してみたい
*自分のこどもにどんな教育機会を与えるべきか悩んでいる
*今後、教育に携わることに興味があり、知り合いを増やしたい

 

EVENT ENTRY FORM

 

開催案内PDF

 

開催概要


 

《日時・場所》

開催日 2017年4月22日(土)
第一部 13:00~17:00
第二部(懇親会) 17:30~19:30 (同会場)
料金 第一部 1,000円(会場費、資料印刷費、お茶代等)
第二部 3,000円
定員 80名
応募締め切り 2017年4月15日(土)24:00
※ 応募は先着順です。申込みをもって参加確定となります。
※ 会場定員に達した場合は受付けを終了させて頂きます。
お問い合わせicon_link
場所 東京医科歯科大学M&Dタワー ファカルティラウンジ
(JRお茶の水駅 徒歩2分)

20140312-202042-4242キャンパス・マップ12番の建物です。

《当日の流れ》

13:00~13:10 第一部 開会(イベント趣旨、背景説明など)
13:10~14:30 スタッフからのプレゼンテーション(40分)
質疑応答(40分)
14:30~14:50 休憩
14:50~16:30 参加者によるダイアログ(100分)
16:30~16:50 SSM(スーパー・スピード・ミーティング
16:50~17:00 第一部閉会
17:30~19:30 第二部 懇親会(同会場)

※ SSMとは、参加者同士で、まだ話したことがない人とペアを作り、短時間で深いコミュニケーションをとり、「今日一番の気づきと学び」を共有するセッションです。
※ 当日の流れは変更の可能性がございます。

《対話の形式》

・約80名の参加者に、一チーム6~8名程度のグループに分かれて対話をして頂きます。
・チーム・メンバーの構成は、年齢、職業、性別等の多様性が確保できるよう、予めスタッフにて決定し、参加予定者の皆様にお伝えを致します。
・なお、各チームには、スタッフがファシリテーターとして加わり、皆さんの対話や協働作業のお手伝いをさせて頂きます。

 

EVENT ENTRY FORM

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

主催団体


 

cropped-logo_m.jpg

官と民、営利と非営利、年齢や国境、前例や先入観など、身の回りにある様々な壁を乗り越える力を高め、社会問題解決に向けた協働を創り出す触媒です。

Crossover 事務局
お問い合わせicon_link